高脂血症ってどうすればいい?


血管の中には血液はもちろん、脂肪も一緒に流れています。

脂肪に善玉(HDL)悪玉(LDL)があるのは、ご存知の事と思います。

それでは、次の絵を見てください。 

上の右の絵の状態は動脈硬化といわれる状態です。もし、心臓の血管に起きれば"狭心症"、悪化して詰まると"心筋梗塞"になります。そのため、LDLコレステロールは悪玉と呼ばれています。

それに対し、HDLコレステロールは血管の壁の中に入り込んだLDLコレステロールを血管内に引き戻し、動脈硬化になることを予防してくれるため、善玉と呼ばれます。

  それ故、善玉悪玉のバランスが大切なのです。

じゃあどうすればいいの? ~食餌療法が一番大切~

胃袋はただの袋です。目盛りも何もないので、よくいう腹八分目 なんて解りようもありません。満腹になって初めて一杯だとわかります。それなら、満腹まで食べましょう

ダイエットと聞くと"食べない事"だと思っている方が多いですが、正確には"身体に良いものを食べる"という意味です。

何かを食べたらダメ!ではなく、何を食べたら良いのかを考えるほうが楽しいと思いませんか?

難しく考えずに、あまりカロリーの高くないもので、自分の好きなものをたくさん食べれば良いのです。(栄養バランスが良ければ、当然そのほうが良いのはもちろんですが...)

カロリーが高いか低いか解らない?選んだものに自信が無い方にいくつかコツをお話しします。

コツその壱:善玉を増やすために魚・鶏肉を食べよう(残念ながら鶏の皮は悪者)!!

 青魚にこだわらず、食べる習慣をつけることが大切です。

※コツその弐:悪玉を減らすために豆腐・野菜・キノコ・山菜など低カロリーでかさ張るものでお腹を膨らませよう!!

 冬にはタラちり鍋、湯豆腐、温野菜など、春には山菜、夏には  冷奴、サラダ、そうめん、冷麦など、秋にはキノコを、刺身なども良いです。

 自分なりに好きな低カロリーの食べ物をみつけて、たくさん食べましょう。

※コツその参:ひとつだけ禁止するなら、卵の黄身をやめよう!!!

 望ましい1日のコレステロールの摂取量は300mg/dl以下と言われていますが、卵の黄身1個で悪玉が260mg/dlあります。

運動療法もとても効果があります ~1週間で21Km歩こう~

上のグラフを見ると、20km/週以上(橙色)を境界に明らかに数値が変化しています。極端にいうと、"1週間に21km"を目安に運動(ウォーキングも可)すれば良いのです。

え、そんなに!?と思うかもしれませんが、普段の生活の中ですでにたくさん歩いているので、不足分だけ運動すれば良いのです。

運動療法(ウォーキングを前提)の実施方法

①1週間単位で行う:雨天もあるので、1日のノルマにせず週単位で!!

②万歩計を購入(スマホのアプリだと距離計測機能付もあり)

③自分の歩幅が何cmなのか測る

④最初の1週間は万歩計をつけて普通に生活し、日常生活の1週間でどれだけ歩いているかを知る:不足分を知り、その分だけ運動!!

※とりあえず、やれることから始めましょう!!